好きなことは小さい時から変わらない

こんにちは、iPadカリグラファーのローレンです。

好きなことって小さい時から変わらない話をしたいと思います。

(わたしの話)

まだ小学校に入る前、好きだったのはProfileにも書いた通り、絵を描くことでした。絵を描くといっても絵具を使ってとかじゃなく、ただのサインペンで、紙も父が仕事場から持って帰ってきた図面の裏。模造紙みたいに、大きかったのは良かったです、いっぱいかけて。

小学校に入ってからは、パソコンでお絵かきをしていました。

「Fine Artist」というタイトルのソフトが大好きで、青っぽいキャラクターが出てくるものなんですが、好きだった人いないかな?笑

小学校低学年からパソコンでお絵かきとは、なかなか将来有望な感じがしますが、その後ITや美術系には全く進まずに、今に至ります。(あの時パソコンでお絵かき続けてたらなーAdobeとかでAppleとかで働いてたんじゃないかしらと時々妄想します。)(その頃は、なぜか全く好きじゃないそろばんを習いに行ってました。おばあちゃんの意向で。おばあちゃんの意向と言うのは、まあ、割と、けっこうかなり時代遅れになっていることが多いので子育て中の方は要注意です)

そしてそのお絵かきソフト(昔はアプリ、じゃなくてパソコンのソフトって言ってましたよね。脱線してばかりで進まない)に、ポスター作成機能がついていて、そのポスターを作りたすぎて、イベントを開催しました。順番が逆。イベントやるから→ポスター作る、じゃなくて、ただポスターが作りたかった。小2でなかなかやるじゃないかと思うのですが、終わったらポスター作りはもう、満足して2度と作ることはありませんでした。

さらに時が進んで、小学6年生ごろにはインターネットが登場、友達とポストペット(メールのソフトで、ピンクの熊がメールを届けてくれるというもの)をひたすら送り合う遊びをしています。

中学校に入るとついに自分でホームページを作りあげインターネット上に公開。家族旅行で行った初めてのハワイでも、ホームページ制作の本を読みふけるくらいハマっていました。(ここでも両親は可能性に気がつかずスルー、そのまま続けてたらIT社長になってヒルズに住んでたかもしれないのに泣)

自分で作ったホームページも、もちろん何か目的があった訳ではなく、ただただホームページなるものを作ってみたかったというだけなんです。

絵の方も、賞をもらったり、学校の行事の表紙になったり(2年連続)、文化祭では校内全体の装飾を設計したり。

もう十分すぎるくらい、明らかに、美術的な方向に進むのが良さそう。さらにパソコンやインターネットも加えたら良さそう。

それが高校に進学、絵を描くのももパソコンもオタクで暗いと思って全てやめ、ルーズソックス(まだギャルの残り香のあった時代)を履く毎日を過ごしながら、長い長い迷走期に入っていったのでした。

まとめると、やっぱり小さい時からデジタルお絵かきが好きだったということと、私も子を持つ親として、子供の才能に気づいて伸ばすにはどうしたら良いかと思っているということです。

それを見逃しても、こうやって大人になってから少し遠回りではあるけど、自分がやりたいと思ったことをやれています。子供には自分の才能を活かしてやりたいことをやって生きて欲しい、と思っているけど、それは私たちの時代の価値観。わたしの両親は、安定した収入を得ることが一番幸せと思っていた時代。もしかしたら私たちの子どもの時代にはまた違うことが良いと思う時代になっているのかもしれないなぁ。

関連記事

  1. 2022年にやりたいこと

  2. これからやってみたいこと

  3. HPオープンしました

  4. iPadカリグラフィーローレン

    30代子育て主婦がピンクの髪にした理由