30代子育て主婦がピンクの髪にした理由

iPadカリグラフィーローレン

こんにちは、iPadカリグラフィーをジョブズに代わって広めているローレンです。

タイトル、私のことです。WEBサイトやInstagramのアイコンはピンクヘアのローレンです。(実際は今は水色、次はオレンジにしたい)

良い歳して(!)全頭ブリーチして(!)ピンクのカラーにしたのは、2019年4月のことでした。ハローワークに通い終わった頃です。(モダンカリグラフィーというエレガントな世界と失業手当というワードが並ぶのは、今のところローレンのWEBサイトだけでしょう。)

その理由は、某人気韓国アイドルグループのファンだから、ということではなくて、おしゃれのためというわけでもなく、自分に喝を入れるためでした(心根がヤンキ〜)

育休明けに退職し、これからは好きなことを仕事にしよう!と意気込んだのはいいものの、何をしたら良いかわからず、まずしたのはアルバイトでした。CRAZY WEDDINGにて、結婚式の装飾の制作をさせてもらいました。この時、働いているみんなが本当に心から新郎新婦のことを想って動いていて、心の底からびっくりしました。良いものを作るために妥協しないし、ギリギリまでねばる。それまでの私は、恥ずかしながら、どうやって楽するかをいつも考えていたので…

そんな中で働くうちに、自分はいったいどこに向かっているのだろうと迷うように。好きなことを仕事になんて言いながら、収入も自立できるような金額じゃない、、何よりその頃は「正社員」が一番と思っていました。自分で自由になるお金が少ないこと、何より正社員以外は社会的に認められていないと思っていて、とても苦しい日々を過ごしていました。

さらに、失業手当がアルバイトをしていてももらえるとわかり、秋からハローワークに通い始めました。その中でお話を聞いたり、求人を見たりするうちに、どんどん今のままじゃダメな気がしてきました。そして夜な夜な、en japanの派遣求人サイトを見るように。家から近くて時給が高いものをピックアップしていました。

今思い返しても辛い時期です。好きなこと、なんて言ってる場合じゃないな、そう思っていました。

そんな風にぐにゅぐにゅ過ごしていたある日、夫と今後についての話になりました。その時に言われたことが決め手となり今に至ります。その時夫が言ってくれたのは、

「今は俺が働いてるんやから、やりたいこと やったらええやん」「やりたいこと やらへんのやったら、俺が仕事辞めてやりたいこと やるわ」

という、言葉でした。(たぶんこんな感じの関西弁だったような…間違ってたらネイティブの方ごめんなさい)

それを聞いた時、忘れてた!!!!と思いました。やりたいこと 、やるんだった、なんで苦手なオフィスワークをまた探していたんだろうと、ハッとしました。そして、髪をピンクにしました。

鏡を見るたびに、思い出せるように、です。

髪がピンクだと、オフィスワークに応募するにも染め直したりする手間がかかるので、夜中に派遣サイトの求人を見るストッパーになると思ったのです笑

失業手当が振り込まれると、久しぶりにまとまった額のお金が手元にあり、洋服を買いに行きました。めちゃくちゃ生き返る気分でした。お金、大事。

一見自由そうに見えるピンクヘアですが、最初はそんな重たい決意のもとに誕生したものでした。

気持ちだけ変えるっていうのは難しくて、環境や見た目を変えるのは、それを手助けしてくれる力になるなぁと思います。なので、ぜひ、会社を辞めたい人はピンクヘアにしましょう。良いヘアサロンご紹介します。

関連記事

  1. 2022年にやりたいこと

  2. これからやってみたいこと

  3. 好きなことは小さい時から変わらない

  4. HPオープンしました